幼少時代、夜7時〜8時くらいの間は毎日常にアニメと共に過ごしたワケですが、いつまでたっても覚えてるのがOP・EDのアニメソング。

いつになっても〜 わ〜すれ〜ない♪

しかしながら、OP、EDともに何だか共通したイメージってのがあるのが不思議。

どのアニソンも、OPは妙にテンション高く楽しげで、EDはなんだか寂しげなイメージ。

イメージで行くとOPは「なんかみんながジャジャーンと飛び出して走り回ってる」イメージに対し、EDは「夕方もしくは夜に砂浜を寂しく歩いてる」イメージが。

ひょっとしたら、OPは「これから楽しいアニメが始まるゾ!」と楽しみなのに対し、EDは「ああ、もうこれで終わりかぁ・・・明日も学校嫌だなぁ(もしくは宿題今からやらないとなぁ)」ってな心境もあったのか?


・・・という事で、気のせいだったのかどうだったのか、テキトーにチョイス!&アニソンイントロドン!


1)(聖闘士星矢
OP
「だーきしめたぁーっ こーころの小宇宙ォーッ!
 熱くーッ!燃やせーッ!奇跡ーをーぅ 起こせェーッ!(ハイテンションで)」


ED
「ブルードリーム・・・ 話せない 夢が誰にもある
 ブルードリーム・・・ 届かない 想いほどつのるさ(消え入りそうな声で)」

2)(宇宙船サジタリウス
OP
「ジャジャジャジャジャジャジャーン!スターダストボーイズ♪
 どっこからみーてーも スーパーマンじゃない!スペースオペラの主役になれない!
 危機一髪も救えなーいッ!ご期待通りにあらわれなーい!(ノリノリで)」


ED
「星屑の宇宙(うみ)の中 漂う夢求め 時を越えて遥か・・・
 人の世で見失い 今ではもう遠い 夢を探す人よ・・・(ラストの「夢光年〜♪」は特に寂しそうに)」

3)(天才バカボン
OP
「タリラリランのコニャニャチワ コニャニャチワッ!
 (略)
 元祖天才バカボンの パパだから パパなのだァーッ!(バカボンのパパだけど文句あっか!的に)」


「41歳の春だから〜 元祖天才バカボンのパパだ〜か〜ら〜
 冷たい目で見な〜い〜で〜(バカボンのパパでごめんなさい、的に)」

4)(一休さん
OP
「好き好き好き好き 好き好きーッ!あーいーしてーるッ!
 好き好き好き好き 好き好きーッ!いーっきゅうーさんッ!(キ○ガイのように叫びながら)」


ED
「ははうえさま お元気ですか?
 ゆうべ杉のこずえで あかるくひかる星ひとつみつけました(なんか今にも自殺しそうな感じで)」

5)(タイガーマスク
OP
「白いマットのォーっ ジャーングールーにーっ 今日も嵐が 吹き荒ーれーるーッ!
 ルール無用の悪党にィーッ! 正義のパンチを ぶちかませーッ!(触るもの皆傷つけそうな勢いで)」


ED
「あたたかい 人の情も胸を打つ あつい涙も
 知らないで育った 僕は みなし児さ
 強ければ それでいいんだ 力さえ有れば いいんだ
 ひねくれて 星をにらんだ僕なのさ(寂しくみんなの幸せを祈りながら)」


・・・やっぱりそうか!気のせいじゃなかったんだよッ!(偏見アリアリな気が・・・)

でもそんな中、EDでも元気いっぱい、OPになってもおかしくないような曲もチラホラ。


▽新ビックリマンED
「信じられんないわかーんないーっ♪(ヤッパッパッパッパッパパー)」

▽キン肉マンED
「ヤッホー!みんな、ボク、ケント!(略)
 月・火・水・木・キン肉マーン!金土日は遊びたい ヤッホーッ!(ヤッホー)」

ハッ!そういやこの辺はどれも日曜日の朝アニメだッ!
やはり日曜日は「さあこれから遊ぶぞーッ!」という1日の始まりだからなのか!?

そして夜、7時半(だっけ、7時だっけ)からの夜アニメで楽しかった休みも終わり。

▽小公女セーラED
「ああ 母の声が ああ 父の声が
 ああ 耳に また語りかけるの くじけたら ダメと」

▽小公子セディED
「誰かを愛するために 私は生まれて来た
 いつかは逢える どこかで逢える その人に」


やっぱりこの辺は寂しい気持ちになるなぁ・・・

なんとなーくだけど「ドリーミー・ドリーマー」(燃えるお兄さんOP)はEDのイメージがあるのは何でだろうかなー。
「はいからさんが通る」のOPも何か抑揚ない感じがEDのような気もするし(以下長くなりそうなので略)